【ジャガイモ栽培】芽かきの効果を検証!芽の本数による収穫量・サイズの違いについて

家庭菜園
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

先日、秋植えのジャガイモを収穫しました。

今回の栽培では、”芽かきをすることで芋が大きくなる”という説が本当かどうか検証してみました。

具体的には、芽かき後の芽の本数を2本にした株と3本にした株で比較をしています。

どのような結果になるか、気になる方はぜひご覧ください!

筆者はこんな人
2.5坪の庭人

・家庭菜園等の庭仕事や植物が大好きな30代前半サラリーマン
・子供の頃の実家でのお手伝いからカウントすると、家庭菜園歴は20年以上!
・マイホームの約2.5坪の庭で家庭菜園やガーデニングを楽しんでいましたが、2023年からは隣人に畑を借りて野菜作りも開始
・主に土日しか庭に出れない忙しい筆者でも実践できる家庭菜園やガーデニングのノウハウを実例と併せて解説・紹介しています!

2.5坪の庭人をフォローする

収穫時期の地上部の比較

まずは収穫時期の地上部の葉っぱの様子を比較してみます。

と、その前に、芽かきの際に2本の株と3本の株がそれぞれ3つずつになるように仕立てましたので、その様子を参考にご紹介。

コチラ芽が2本↓

芽かき後に芽が2本の状態

コチラは3本↓

芽かき後に芽が3本の状態

こんな感じで仕立ててました。

そして、収穫時期の芽2本の株の状態はコチラ↓

芽2本の株の収穫時期の状態

芽3本の株はコチラ↓

芽2本の株の収穫時期の状態
筆者
筆者

写真でわかるとおり、地上部の葉っぱの状態は芽の本数による差が特にありませんでした。

ちなみに、収穫時の葉っぱの状態についてはコチラの記事でも考察していますので、興味がある方はぜひご覧ください。

優しく土を掘り返すと、ジャガイモが出てきました!

土中から出てきたジャガイモ
筆者
筆者

さぁ、次は芋の状態を比較します。

比較写真

それでは、芽2本と芽3本で収穫できるジャガイモに差があるか比較していきます。

コチラの写真↓は芽2本と3本の芋を並べた写真です。

芽2本と芽3本の比較写真

芽2本のほうが芋が大きくて数が少なく、芽3本のほうは芋が少し小さくて数が多いです。

コチラ↓も同じ傾向です。

芽2本と芽3本の比較写真
筆者
筆者

見た目では、芽を少なくした方が芋が大きくなるという話は本当のようです!

芋のサイズと数を集計

写真の比較だけではなく、どれくらいの大きさのジャガイモが何個収穫できたのか、測定および集計してみた結果もご紹介します。

ジャガイモにメジャーを当てて測定している写真

集計結果は下表のとおりです!

芽2本芽3本
ひと株あたりの平均収穫量7個11.6個
平均サイズ7.1cm5.5cm

ということで、芽の本数が少ない方が収穫量は少ないですが、その分ジャガイモが大きく育つ、という結果になりました。

筆者
筆者

芽を多く残すと、ジャガイモがたくさんできてしまい、栄養が分散して芋が大きくなりにくい。

ということかと思います!

結論

今回は芽かきの効果を確認するために、芽かきが収穫量とサイズに与える影響について検証してみました。

その結果、芽かきをして芽の本数を減らすことでジャガイモが大きくなるという事実を確認することができました!

また、芽を多く残したほうがジャガイモがたくさんできることも確認できたため、栄養が分散して芋が大きくなりにくい、という通説も実証することができました。

立派なジャガイモを収穫したい方は、しっかり芽かきをしたほうが良さそうですね。

ジャガイモ栽培の全体的な流れはコチラの記事を参考にしてください↓

以上、参考になれば幸いです!

ジャガイモの写真

(参考)畑が無いならポテトバッグでジャガイモ栽培!

家に畑が無かったり、プランターの準備も面倒くさい!という方は、コチラのポテトバッグがオススメです。


このポテチみたいなかわいい袋をそのまま使って育てるので、プランターは不要です。

また、肥料は最初から入っているので追肥も不要。

ジャガイモ栽培の初心者にはとってもオススメなので、気になる方は上記のリンクからショップを見てみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました