【初心者向け】HONDAの耕運機”こまめ”を”ぷちな”と比較して本音でレビュー

家庭菜園
スポンサーリンク

突然ですが、休日しか畑に出れない筆者は、家庭菜園に関わる単純作業をできる限り時短したい!と思っていました。

そこで!

畑を耕す時間を短縮するために、耕運機を導入することに決めました!

HONDAの耕運機”こまめ”を購入したので、この記事では本音でレビューしたいと思います!

なお、購入する際に、似た商品である”ぷちな”と迷ったので、その辺りも絡めてのレビューとなります。

耕運機の購入を検討している方は参考にしていただければ!

筆者はこんな人
2.5坪の庭人

・家庭菜園等の庭仕事や植物が大好きな30代前半サラリーマン
・子供の頃の実家でのお手伝いからカウントすると、家庭菜園歴は20年以上!
・マイホームの約2.5坪の庭で家庭菜園やガーデニングを楽しんでいましたが、2023年からは隣人に畑を借りて野菜作りも開始
・主に土日しか庭に出れない忙しい筆者でも実践できる家庭菜園やガーデニングのノウハウを実例と併せて解説・紹介しています!

2.5坪の庭人をフォローする

商品到着時

購入した商品はコチラ↓

エンジンオイルもセットの商品にしました!


ネットで購入したので、商品は宅配便で届きました。

到着時はこんな感じです↓

梱包された状態

ガソリンとは別で、エンジンオイルが必要と明記してあり、初心者も安心です。

エンジンオイルを入れてから始動する注意書きが箱に貼ってある様子

筆者
筆者

ちなみに、エンジンオイルはエンジンの潤滑のためのオイルであり、燃料であるガソリンとは役割が違います。

箱の中身

本体はこんな感じで梱包されています。

箱から出したこまめ

耕運機の爪の部分↓

箱から出したこまめの刃

エンジンオイルは缶に入ってます。

セットで付いてきたエンジンオイル

説明書も丁寧です。

刃の付け方が少しややこしいのですが、冊子とは別の紙が付いており、間違えることなく取り付けることができました。

こまめの説明書
筆者
筆者

さすが、安心のメイドインジャパン。

組立時に少し戸惑ったこと

組み立てる際に戸惑ったことがひとつだけ。

3種類同梱されている”保持ピン”について、「保持ピン8×41.5」のようにサイズが数字で表記されており、どれがどれだか一瞬わかりません。

別紙で付いてきた爪の取り付け方

正解はコチラの写真のとおりです↓

同梱されている保持ピンの種類

ピンの長ささえわかれば、あとは簡単。

作業時間15分ほどで組み上がりました!

組み上がったこまめ

筆者
筆者

組立は初心者にも優しかったです!

実際に使ってみた

エンジンオイルとガソリンを充填して、いざ耕運!

肥料を蒔いた箇所をすき込んでみたいと思います。

コチラが耕す前の状態↓

畝幅60cmほどで長さ4mほどです。

耕す前の畝の状態

コチラ↓が作業後

耕した後の畝の状態

往復の作業時間はなんと2分以下!

クワで耕すのと比較すると、とんでもなく時短になります。

さらに、当たり前ですが、手で耕すよりも深く、均一に耕すことができます。

例えば、コチラ↓の写真。耕す前は踏んでもビクともしませんが、、、

耕運する前は踏んでも跡がつかない

耕した後は長靴がズボッとはまります↓

耕運後に踏みつけると、靴が沈む
筆者
筆者

短い時間で高クオリティな耕運ができるため、本当に感動しました!

“こまめ”と”ぷちな”どっちを選ぶ?!

さて、今回購入したのは“こまめ”ですが、筆者はワンサイズ小さな”ぷちな”と迷いました。

”ぷちな”はコチラ↓


結論から言うと、”ぷちな”でも良かったかも、と思うことも少しあります。

その理由を、こまめを買う場合の注意点として2つご紹介します。

注意点① 重くて小回りが効きにくい

まず一つ目は、重さです。

”ぷちな”の重量は18kgであることに対して、こまめは27kgあります。

なんとかなるかなぁ、と思ってましたが、実際に使ってみるとかなり重いです。

我が家は畝の長さがそこまで長くないので、切り返すことが多く、その度にちょっとストレスを感じます。

筆者
筆者

そもそも、畑まで持っていくのが、ひと苦労です。

注意点② 若干オーバースペック?!

二つ目の注意点として、十分すぎるパワーがゆえに、家庭菜園には若干オーバースペックと感じることがある点です。

筆者の現在の畑は50㎡くらいで実際に耕運するのはその7割程度ですが、この程度の広さだと、あっという間に耕し終えてしまいます。

あまりに作業時間が短くなるので、「もう少し安価なぷちなで良かったのかも。。。」と、感じることがありました。

筆者
筆者

安く抑えたいなら、ぷちなで十分だと思います!

それでもこまめを推す理由

少し後悔ポイントはあるものの、筆者の場合はこまめで良かったと思っています。

その理由は、圧倒的なパワーと、十分な耕運幅で、本当に短時間で高クオリティな耕運ができるからです!

平日はサラリーマンで、休日は子育てに忙しい我が家の場合、家庭菜園の作業を時短できて、体力も温存できるツールは、他に変え難い価値があると感じました!

まとめ

今回はHONDAの耕運機”こまめ”について紹介しました。

まとめると以下のとおりです。

・組立は初心者でも簡単!

・圧倒的なパワーと、十分な耕運幅で、短時間で高クオリティな耕運が可能!

・重くて小回りはあまり効かないので、小さな畑の場合は、ワンランク小さい”ぷちな”でも十分!

・いずれの耕運機でも、作業の時短、体力の温存が可能!休日しか作業できないサラリーマンには特にオススメ!

以上、気になる方はコチラのリンク↓からぜひ詳細の確認を!

“こまめ”はコチラ↓


”ぷちな”はコチラ↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました